北のはしっこ惑星

北海道LOVEな道産子主婦が花や自然、飼い猫、たまに料理、まれにフィギュアスケートの事を呟きます

雨のあと『上野ファーム』へ

お盆終盤、ふらっと『上野ファーム』へ行って来ました。

※年間パスポートを購入したので、行き放題♪なのです。

 

ここ数日は雨続きだったので、花が倒れたりしていないかな、と思って少し心配でしたが、さすがきちんと綺麗に管理されていました。

普段は以前からある西口から入るのですが、今日は初めて東口から入ります。

f:id:kapibara5168:20170817105241j:image

 

ちなみに昔からある西口はこんな感じです。メインの入り口ですね。

f:id:kapibara5168:20170817105505j:image

f:id:kapibara5168:20170817105555j:image

チケットや、ソフトクリームやフロートなどの冷たいスイーツを売っている建物です。

前回コーヒーフロートをお願いすると、たまたま通りかかった園主である上野さんご本人が作って渡してくださいました。

シーズン中何度かお庭を見せてもらいに行きますが、スタッフさんだけでなく、上野さんご本人やお母様が庭の手入れをされている姿をよく見かけます。

すっかり有名になり、夏場は特にお忙しいでしょうに頭が下がります。

f:id:kapibara5168:20170817111100j:image

昔、納屋として使っていた建物は『NAYAカフェ』として生まれ変わり、カフェ、雑貨の販売やイベントスペースに使われています。

カフェは庭に隣接し、外にあるオープンテラスも人気です。

私はほとんどお庭だけを回って終わりなのですが、週末などはたくさんの観光客が訪れて、ガーデンの空気を楽しみながら食事をしています。

 

東口から中に入ります。

f:id:kapibara5168:20170817115701j:image 

f:id:kapibara5168:20170817115736j:image

多肉植物の寄せ植えと、サンジャクバーベナにとまるモンシロチョウが出迎えてくれました。

f:id:kapibara5168:20170817120340j:image

 

門を入って左には石造りの立派なアーチがあり、『白樺の小道』につながっています。

東口は一番新しい『ノームの庭』に近い入り口で 、普段の私のまわるルートからは逆回りなので何だか新鮮です。

f:id:kapibara5168:20170817121018j:image

f:id:kapibara5168:20170817121048j:image

以前までは西口から入り、この『白樺の小道』に進むと、写真に写っている四阿(あずまや)のあたりで行き止まりでした。

通り抜けが出来るようになった事で回廊のようにまわることが出来、開放感が増した気がします。

春先には白樺の足元に色とりどりのチューリップやスイセン、フリチラリアなどが咲き、白い樹皮とのコントラストでとても美しいです。

※写真があると良かったのですが、今年の春には足を運ばなかったのです。

(何をやってるんだ、私)

 

白樺の道を抜けると、ミラーボーダーへ出ます。

f:id:kapibara5168:20170817122351j:image

前回訪れた時とは雰囲気が変わり、盛夏から秋の気配が漂い始めています。

f:id:kapibara5168:20170817122718j:image

f:id:kapibara5168:20170817122749j:image

f:id:kapibara5168:20170817122817j:image

f:id:kapibara5168:20170817163755j:image

クロコスミア、ヘリオプシス、ミソハギ、フロックス、カノコユリルドベキア…等々

あと、野の花なんかも一緒に咲いています。ヨツバヒヨドリも見えますね。

 

『上野ファーム』さんは園芸種だけでなく、ところどころに北海道の野や山に咲く花や植物を紛れこませています。

そこがイングリッシュガーデンを基本としながら、『北海道ガーデン』と呼ばれる由縁でしょう。

私はそういう地域の自然を取り入れたこの庭が、とても好きなのです。

f:id:kapibara5168:20170817124119j:image

バラも初夏の満開の時期が過ぎ、四季咲きのバラは秋に再び花を咲かせるために力を貯めている時期なので今はポツリポツリとしか咲いていません。

そこにこんな鮮やかなバラが!

雨の雫に濡れてとても綺麗です。

(バラの最盛期にも来ていない私、やっぱり何やってるんだ!)

 

f:id:kapibara5168:20170817125251j:image

元気な黄色い夏の顔、ルドベキアです。

f:id:kapibara5168:20170817125433j:image

こちらも黄色いへレニウム、これが咲き始めると、秋が近づいてきたなと感じます。

f:id:kapibara5168:20170817130228j:image

ヘメロカリスなどのユリ系がたくさん咲いていました。次々花を咲かせて楽しませてくれます。

f:id:kapibara5168:20170817132021j:image

グリーンの小屋がいいアクセントです。

f:id:kapibara5168:20170817132320j:image

小屋の横に、庭の花を使ったナチュラルなアレンジメント

f:id:kapibara5168:20170817132451j:image

自然な感じが素敵です。

 

渡りきったところで振りかえるとこんな感じです。

f:id:kapibara5168:20170817172629j:image

向こう側に、通ってきた白樺の林が見えます。

 

ミラーボーダーを抜けて、『パープルウォーク』『サークルボーダー』へ向かいます。

f:id:kapibara5168:20170817154812j:image

f:id:kapibara5168:20170817154901j:image

f:id:kapibara5168:20170817155146j:image

サンジャクバーベナの咲く『パープルウォーク』は、そのまま『サークルボーダー』へと続きます。

f:id:kapibara5168:20170817173107j:image

レンガのアーチの手前が『サークルボーダー』です。

f:id:kapibara5168:20170817155315j:image

レンガのアーチの先には、青い木製の長椅子があり、庭のポイントとして全体を引き締めています。

 

『サークルボーダー』は、大きな円形の植栽を4ブロックに分け、それぞれのテーマカラーに沿って、バラや宿根草が植え込まれています。

※載せている写真は順不同ですが、実際は花色によって区分けされています。

 

f:id:kapibara5168:20170817161650j:image

フロックス

f:id:kapibara5168:20170817161929j:image

カクトラノオ(ピンク)

f:id:kapibara5168:20170817162009j:image

詳しい名前はわかりませんが、ダリアですかね?黒い茎と葉がシックです。

f:id:kapibara5168:20170817162419j:image

カラマツソウ、可愛いです〜。ウチにあったカラマツソウは、一つの株から白と紫、二つの花が咲いて可愛らしかったのに、庭の中を移動させているうちにいなくなってしまいました(泣)。

f:id:kapibara5168:20170817162720j:image

ボケてますが、空をバックに撮ると、無数の紫の玉が浮いているように見えて面白可愛い。

f:id:kapibara5168:20170817162746j:image

f:id:kapibara5168:20170817163621j:image

背の高いホリホック(タチアオイ)が花に水を含んだのか頭を垂れて、まるでアーチのように見えます。

北海道ではコケコッコ花なんていう名前でも呼ばれます。

f:id:kapibara5168:20170817171609j:image

f:id:kapibara5168:20170817171710j:image

バーベナハスタータ、ピンクと白

 

f:id:kapibara5168:20170817165057j:image

クレマチスとヒゲのような種

 

 f:id:kapibara5168:20170817163458j:image

ポイントの青い長椅子側から見たレンガのアーチです。

f:id:kapibara5168:20170817164445j:image

レンガのアーチはやっぱり素敵ですね。

いいなぁ。

 

まだまだ写真がありますが、一度にご紹介するのは無理のようです(汗)。

 

今日のところは一旦切り上げて、続きはまた次の更新ということでよろしくお願いいたします。

 

それではまた☆