北のはしっこ惑星

北海道LOVEな道産子主婦が花や自然、飼い猫、たまに料理、まれにフィギュアスケートの事を呟きます

私の好きな道端の草花

f:id:kapibara5168:20170829160424j:image

『キクニガナ』

近くの道路際にて撮影

 

調べると、なんと野菜の『チコリ』はこのキクニガナのことなのだとか。

フランス語で『アンディーブ』

 

近所に咲くこの花、そんな小洒落た名前も持っていたとは!

 

地中で軟白化させた若い葉や芽を食べる、ほろ苦い野菜です。 

一枚一枚はがして、ボート型に窪んだ葉の上に好きな具材をトッピングしてオードブル風にしたりする『チコリボート』などのレシピがよくあがっています。

 

しかもその根を乾燥させて焙煎すると、チコリコーヒーというコーヒーによく似た飲み物になり、フランスなどでは広く愛飲されているそうです。

カフェインレス・デトックス効果・血糖値の上昇を抑える・消炎作用・肝機能向上等々…

綺麗な花を咲かせるだけではなく、有能でもあるとは大したものです。

 

 

車通りの多い道路際に、8月に入ると咲き始める涼しげな色合いの青紫の花。 

旭川から札幌に向かう、国道12号線の『神居古潭(かむいこたん)』の道路際の一部でも見られます。近所に咲いているものより、こちらの方がたくさん咲いています。

 

本当はお墓参りのついでに、神居古潭のキクニガナを写真に撮ろうと思っていたのですが、大雨で無理そうだったので、近所のこちらを撮ってみました。

 

咲き始めるまで忘れていましたが、以前に記事にした事のある『ノラニンジン』と双璧の、私の中で好きな道っ端の草花です。

※双璧なのに忘れてたの⁉︎というツッコミはなしでお願いします。

 

 

同じヨーロッパからの帰化植物ではありますが、ノラニンジンの方が圧倒的に生息範囲が広く、キクニガナはあまり多くはない印象です。

 

f:id:kapibara5168:20170829184157j:image

f:id:kapibara5168:20170829184343j:image

ラニンジンといい、ヨーロッパ産の外来種は可憐な雰囲気の花が多い…

f:id:kapibara5168:20170829185347j:image

 

可愛いからウチの庭にも来てくれないかしら…っていうか、スコップ持って行って一株さらってくるのはダメかなぁ…、すごく怪しい人に見えると思うけど。

 

と、思ったら近所のお庭にキクニガナの姿を見つけました。

近所に広いお庭を持っているおうちがあって、つるバラなどを中心に素敵な植栽をしています。

買い物帰りなどに、たまにそのお庭の前を、「私と違ってきちんと庭づくりしてるわぁ」などと感心しながら通るのですが、道路に近い場所にひっそりと植えられているのを発見!

 

道路際から…?

 

いえ、きっと園芸店で売っているチコリを買ったのでしょう。売っているのを見かけたことがあります。

その時は道路っ端のキクニガナと、園芸店で売られているチコリが同一のものだとは気付いておらず、添付の写真を見て、似た花だから近い種類なのだろうと思っただけでした。

 

スコップ持ってさらってくるなんて、乱暴なことはいけませんね( ˙-˙ ) 

反省反省…

 

朝晩めっきり寒くなってきた北海道、急速に秋の気配が漂ってきています。

花たちも冬に向けてそろそろラストスパート、庭の花も道端の花も、しっかり目に焼き付けておかなくちゃ!