北のはしっこ惑星

北海道LOVEな道産子主婦が花や自然、飼い猫、たまに料理、まれにフィギュアスケートの事を呟きます

アナベルとミナヅキ

少し前からピンクに染まり始めたミナヅキ

f:id:kapibara5168:20170902021333j:image

f:id:kapibara5168:20170902020737j:image

向こうにはグリーンに変わったアナベルに茶色が差してきています

f:id:kapibara5168:20170902021419j:image

f:id:kapibara5168:20170902021446j:image

今年のミナヅキはちょっと小ぶりかな

多分私があまり肥料あげてないから

(苦労かけてすまないね)

f:id:kapibara5168:20170902021510j:image

よく見ると装飾花の他に、本来の花の部分(右上)、「両性花」もちゃんと咲いています

f:id:kapibara5168:20170902021541j:image

同じくほとんど手をかけられていないアナベルは今年もワッサワサ

 

アナベルは秋に短く刈り込んでしまっても次の夏にはちゃんと立派な花を咲かせる、私のようなズボラな人間にはありがたい丈夫なアジサイです。

 

咲き始めのアナベルはみずみずしいグリーンから 

f:id:kapibara5168:20170911233149j:image

f:id:kapibara5168:20170911233220j:image

f:id:kapibara5168:20170911233332j:image

少しづつ白さが増して

f:id:kapibara5168:20170911233421j:image

真っ白に!

f:id:kapibara5168:20170911233741j:image

f:id:kapibara5168:20170911234247j:image

夏の夕陽に透けて浮かぶアナベル

f:id:kapibara5168:20170911234347j:image

季節は進んで、輝く白い花はまたグリーンへ帰っていく

f:id:kapibara5168:20170911234432j:image

紅葉を始めたブルーベリーの葉と、シックな取り合わせ

 

狭い手作りの通路を挟んで、アナベルとミナヅキはご近所さん

  

真っ白なアナベルが色を変え始める頃、漸く小さな蕾をつけ始めるミナヅキ

f:id:kapibara5168:20170911230745j:image

f:id:kapibara5168:20170911231121j:image

円錐形に整っていく

f:id:kapibara5168:20170911231235j:image

終盤のアナベルのグリーン

咲き始めのミナヅキのグリーン

新旧の緑色が重なる時期

 

やがて白く変化するミナヅキ

f:id:kapibara5168:20170911231321j:image

やっぱり今年はボリュームに欠けるなぁ

そのおかげで支柱をしないで済んだけれど

お礼肥えはしっかりしておこう…

 

9/12(火)雨  撮影時14℃

今日のアナベルとミナヅキ

f:id:kapibara5168:20170912092912j:image

こんなにピンクが濃くなった花房も

f:id:kapibara5168:20170912093018j:image

f:id:kapibara5168:20170912092700j:image

グリーンとピンクの競演(写真が暗い)

 

ミナヅキは雨を含んでちょっと重そう

 

 

道北の秋はどんどん深まってきています。今日の予想気温は20℃に届きません。

そんなに急いで秋にならなくていいのになぁ。

 

暑い時は涼しくなることを望み、寒くなると暑さを懐かしむ

 

わがままな生き物ですねぇ、人間は。

 

寒いなら寒いなりの愉しみを!

f:id:kapibara5168:20170912110841j:image

熱いコーヒーと、先日の神戸旅行で買った『ケーニヒスクローネ』さんのお菓子「はちみつアルテナ」

 

熱いお茶が美味しい季節になりました。