北のはしっこ惑星

北海道LOVEな道産子主婦が、花、自然、飼い猫、その他何でも楽しむブログ

とうとうヤツがやって来た

数日前ブログのお知らせ欄を見たら、けっこう前に書いた記事に☆をつけてくれた方がいて、嬉しいな〜(*´∇`*)と喜びついでに、自分でもその記事を読み直してみました。

 

north-hashikko.hatenablog.com

  

これは、蝶の図鑑を買っちゃった!という報告がメインなのですが、ブログを始めたことで色々な刺激を受け、私のやる気スイッチまだ死んでなかった!皆さんありがとう!みたいな内容になっています。

そして、これで庭にやって来る蝶たちの名前を全て暴いてやるぜ!ヘイヘイ!みたいに浮かれている姿と、でもそうなるとちゃんとした写真を撮りたいな…スマホだと限界があるかも、と少々悩んでいるらしい様子が見て取れます。

 

割と早い時期から読んでいただいている方はおわかりかもしれませんが、私は常々、

「私の写真はスマホで撮っているからヘタクソでも大目に見てね☆」

と言い訳をしながら写真をUPしています。

 

風景などは特に、北海道の見たままの雄大な姿や繊細な色を見てほしいのに、スマホでは思うような写真はなかなか撮れません。

今のスマホは日常で充分に綺麗な写真は撮れますが、本格的なものを撮ろうとするとやはり限界を感じます。

 

例えばこれは年末、夜クルマの前を横切ったキツネを窓を開けて撮ったものですが、明るさや大きさを弄ってもこの程度です。

f:id:kapibara5168:20180112113209j:image

f:id:kapibara5168:20180112113229j:image

実際に見たものとは全く違います。

 

以前、盛大に言い訳をしながらUPした二つの記事があります。

恐れ多くも、Apple社の壁紙にも採用された美瑛町の『青い池』と、知る人ぞ知る『ブルーリバー』です。

 

さあ、もうハードル高い。

 

north-hashikko.hatenablog.com

north-hashikko.hatenablog.com

   

目の前に広がる景色は、ホントはこんなもんじゃないのに( *`ω´)!と申し訳なく思いながら、えいっと投稿ボタンを押しました。

こんな感じでずっとモヤモヤしながら暮らしていたのですが…。

 

だってもう仕事辞めちゃったのに、今の私には一眼レフなんて贅沢品じゃない(。-_-。)?

 

長い前置きになりましたが、松の内が明けた頃、急に決心がついて

一眼レフのカメラを購入しました!

もちろん、フルサイズといったような本格的なものではありませんが、親切な店員さんのアドバイスをいただきながら決めた納得の機種です。

 

本当は、少し勉強してまともに撮れるようになったら、さりげなくブログに載せ、満を持して

「フフフ…実はですね( ̄∀ ̄)」

ってやろうと目論んでいたんですよ。

 

そんな時、読み直した『図鑑はやっぱり面白い』には、ちゃんとしたカメラを買おうか逡巡しつつ、

 

『カメラの誘惑に負けてしまったら…その時はまたご報告します♪ それまではスマホで頑張りますね!』

 

と書いてありました。

お知らせが来て記事を読み直したのは奇しくも購入した夜。

 

少し上手くなったら自慢げに発表しようとした自分…。

小狡い自分…。

 

きっと、どこかの何かの神が、

『お前、以前こうやって言ってたの忘れたの?カッコつけんなや』

との天啓を下されたのでしょう。

 

ただ、「一眼デビューしたよ♡」と一言で済むものを、長々とめんどくさくてスミマセン。

 

そんなこんなでやってきたカメラですが、悲しいかな、おばちゃんの頭は説明書やらなんやらの単語ひとつひとつに引っかかり、ちっとも先に進みません。

説明書や本をひっくり返し、スマホに助けを求め、夜中にキーッとなっているとどこかから声が。

 

「考えるな、感じろ」

ブ、ブルース・リー……?

 

どうもテーブルの上の彼から発せられているようです。

 

あ、あなたは…⁉︎

f:id:kapibara5168:20180112115849j:image

「グダグダ考えるのがお前の悪い癖だ。」

 

「俺には“かんたん撮影モード”という、初心者に優しい、シャッターを押すだけで気軽に撮れるモードが9種類ある。」

 

「露出補正とか絞りとかISO感度とか言う前に、とりあえず動け。」

 

「散らかった部屋とかショボい置物を撮るのは俺に失礼だ。どっか景色のいいところで試し撮りして来い」

 

「腕がダメなら素材に頼れ。後は俺が何とかしてやるから。」

 

「ショボいって言われたー」プンプン

f:id:kapibara5168:20180112135504j:image

 

もしかして、過去記事を読むという天啓もあなたが…?

 

(ザワザワ…)

トビーさん、頭おかしくなったのかな?

 

そう思った皆さん、大丈夫です。

夜中に煮詰まりすぎてカメラと会話しただけなんです。

(大丈夫じゃないんじゃ…?)

 

しかし、カメラの言うこともいちいちごもっとも。

 

そうだ、出かけよう。

素材に頼れ!

 

そんなこんなで冬の美瑛、素材の宝庫『パッチワークの路』へ行って試し撮りしてきました。

最近暖かく、雪ばかり降って曇天続きでしたが、久々の「らしい」気温になり、晴天となりました。

f:id:kapibara5168:20180112133908j:image

こちらはビシッと凍れた(シバレた)日の方が晴天になり、雪はあまり降りません。「今日はあったかいねー」と会話が交わされる日の方が、雪が降りやすいという特性があります。

 

朝方や夕方の方が綺麗な景色が撮れそうですが、ひと通り朝の用事を済ませ、昼から3時間ほど美瑛の丘をグルグル回ってきました。

冬なので観光客は少なかったですが、人が集まりやすいスポットにはパラパラと、景色を楽しんだり写真を撮る人がいたので、そういうメジャーなスポットからちょっと離れたところから撮ってみました。

 

そのため、あまりフォトジェニックではないものもありましたが、何枚か選んで載せてみますね〜♪

 

今の美瑛『パッチワークの路』はこんな感じになってます!

f:id:kapibara5168:20180112141004j:image

大雪山連峰

f:id:kapibara5168:20180112141039j:image

f:id:kapibara5168:20180112141110j:image

美瑛の木はシンボリック

f:id:kapibara5168:20180112141314j:image

白い平原

f:id:kapibara5168:20180112141443j:image

f:id:kapibara5168:20180112141833j:image

f:id:kapibara5168:20180112141533j:image

動物の足跡がどこまでも続きます

f:id:kapibara5168:20180112141649j:image

 

観光客を迎える展望台は冬季休業中 

しかし何故タヌキ

f:id:kapibara5168:20180112142521j:image

「裸で寒いよう」

 

夏に訪れた、映画『愛を積む人』のロケ地

f:id:kapibara5168:20180112142842j:image

舞台の家までは除雪されておらず、近寄ることは出来ませんでした。

f:id:kapibara5168:20180112142944j:image

 

north-hashikko.hatenablog.com

  

このように試し撮りしてきましたが、ほとんどを機械にお任せモードで撮り、たまーに「明るすぎるかな?」とクルマの中で本をめくって、見よう見まねでF値を変えてみたり(変化は全然わかりませんでした…)。

 

こうやってブログに載せてみると、スマホ写真とあまり変わらない…?でも、遠い山がちゃんと撮れているので、やっぱり違いますね!

 

カメラからスマホに写真を移すにも、リサイズするかと聞かれあたふた。

画質落ちちゃわない?とか、でも重たすぎるよね、きっと…とか、まあいちいち引っかかります。

笑わないでくださいね〜!

しかし、これは使いこなせるようになるまでなかなか時間がかかりそうです(^^;

 

修行をしつつ、手軽にサッと撮れるスマホと上手く組み合わせて使っていきたいなと考えています。

 

春になったら、芽吹き出す庭の花たちや、やって来る虫たち、動物も撮りたい。

ガーデン巡りもしたいし美しい自然も見に行きたい。

 

「私も美人に撮れる?」

f:id:kapibara5168:20180112153103j:image

そうだね、可愛く撮るよ! ※これはスマホ写真です

 

冬の間に何とか使いこなせるようになって、去年よりも美しい自然や草花の姿を皆さまにお見せしたいと思います。

 

写真上手な先輩の皆さま方も、何とぞ温かく見守ってくださいませ( ´ ▽ ` )

 

ではまた次回☆