北のはしっこ惑星

北海道LOVEな道産子主婦が、花、自然、飼い猫、その他何でも楽しむブログ

モッチャリご飯のその後とおっさん女子

意味不明なタイトルですみません。

どうにもこうにもウマイことタイトルが思いつかず、投げやりに本日の内容を並べてしまいました。

以前、炊飯器が壊れたと思い、手持ちの鍋など様々な手段でご飯を炊いたものの全く上手くいかず、悪戦苦闘した記事を書きました。 

north-hashikko.hatenablog.com  

north-hashikko.hatenablog.com

結果、炊飯器が原因ではないようだとの結論に達し、問題のお米をやめてからは普通に炊けているので、その後は心穏やかにに暮らしています。

良くも悪くも過ぎてしまった事は忘れがちな性格なので、このお米の事も既に過去の出来事となりつつあったのですが、調べますと言ってお米を引き取っていったスーパーから1週間ほど前に電話が来ました。

 

いろいろ検証をし、間違いないだろうと確信を得てからスーパーに連絡をしましたが、万が一、他所の環境では上手く炊ける、なんてことになったら些細なことでクレームをつける人みたいでイヤだなぁと思っていたのでちょっとドキドキ…(;゚∀゚)

 

販売元でお米の検査と、6人で食味検査を行ったとのことで、やはり炊き上がりに問題があったとの報告をいただきました。

お米の検査をしたところ、水分の含有量が基準以下であり、要は通常より乾燥しているお米であったためそのような状態になったと思われる、との返答でした。

ネットで調べた情報では、そのような状態の米は割れやすく、モッチャリ糊状のご飯が炊き上がる原因になる、という事例も確認していましたので、やはり原因はその辺りのようです。

お米にけっこうヒビが入っていたり割れたりしていましたし(お米が回収される前にサンプル分は保管しておきました)。

精米されてからさほど経たずに開封したのですが、そういうこともあるんですね〜(´^`)

なぜそうなってしまったのかはちょっとわからない…とのことでしたので、今回はあたりが悪かった、ということでしょうか。

むしろ、これまで生きてきてこういうお米にあたったのは初めてなので、 宝クジでも買った方がいいのかもしれません。

 

何はともあれ、私のモッチャリご飯戦争はこれで終焉を迎えたと言ってよいでしょう。

はー、終わった終わった。

 

「解決したの?」

f:id:kapibara5168:20180410184058j:image

「良かったね。」

 

ありがとうございます。

…………。

 

あのー、つかぬことを伺いますけど。

まりもさん、冬の間にちょっと貫禄つきました?

 

ビクッ「えっ。そんなことないけど。」

f:id:kapibara5168:20180410184415j:image

(目、泳いでない?)

…でもなんか…シルエットが『土瓶』みたいになってき…

f:id:kapibara5168:20180410184533j:image

「はいそれ。セクハラ案件ね。」

f:id:kapibara5168:20180410190132j:image

「猫だと思ってねぇ、何言ってもいいと思ったら大間違いなのよ。」

f:id:kapibara5168:20180410190833j:image

ッハァ〜…

「そういう無自覚で無神経な発言が女子の心を傷つけるのよね。」

f:id:kapibara5168:20180410191746j:image

「心の広い私だから許してあげるけど、今の時代すぐ炎上🔥するからね?」

f:id:kapibara5168:20180410192107j:image

「これから充分、気をつけて?」

 

おっさん座りのその格好で、

『傷つきやすい女子代表』

みたいな顔するの、やめてもらっていいかな?