北のはしっこ惑星

北海道LOVEな道産子主婦が、花、自然、飼い猫、その他何でも楽しむブログ

春の上野ファームへ

先日UPしたカタクリの記事が、ありがたいことにジワジワと読まれ続けているようです。

はてな以外の媒体に取り上げていただいたからですが、GWにちょうど良い記事だったのかもしれませんね。

あまりに綺麗なので私自身も、

夢か幻か、はたまたあの世のお花畑か

と、お伽話の挿絵のような世界にうっとりしていたのですが…

そんな花園に可愛いお客さんが遊びに来てくれました。flemyさん(id:flemy)ちの「ふきちゃん」です!

f:id:kapibara5168:20180501084127j:plainピンクのカタクリとブルーのエゾエンゴサク、ふきちゃんと後ろの白うさぎさんは以前飼っていたという、ねむちゃんかしら?

散策しながら、

「この景色にうさぎの姿があったなら、まさに絵本だなぁ」

と、仲良しうさぎのふきちゃん(勝手に仲良し宣言ごめんね、ふきちゃん!)を思い出していて。

 

flemyさんにそんなお話をしましたら、こんなに美しい水彩画を描いていただけました!

カタクリエゾエンゴサクの花園に、うさぎさんはやっぱり似合います♪

ふきちゃん、遊びに来てくれてありがとう!

私は猫飼いですが、この景色に似合うのはやっぱりうさぎさんですね〜。

「悔しいけど負けたわ…」

f:id:kapibara5168:20180501091845j:image

flemyさん、ありがとうございました!

 

では、前回予告いたしました『上野ファーム』さんの様子をご紹介したいと思います。

去年も『上野ファーム』さんの記事は書いているのですが、7月後半から始めたこのブログでは春〜最盛期の姿をまだ載せたことはありません。

花々が咲き乱れる季節はもう少し先ですが、ご一緒にその移り変わりを楽しんでいただけたらと思います。

爆発するように花が咲く夏も、冬に向かって静かに枯れてゆく秋も、深い雪の下に眠っているであろう姿も、みんなそれぞれの輝きがあります。

 

まだ緑が少ないこの季節、寂しいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、長い長い冬を過ごした私たちにとって、緑が芽吹き出す春の光景は待ちに待った特別なものです。

4/29、今年最初の訪問です。

f:id:kapibara5168:20180501103418j:plain
f:id:kapibara5168:20180501103445j:plain

 

猫さん、今年もよろしくお願いします!

f:id:kapibara5168:20180501155355j:image

 

もともと地元では名の知れた個人庭園であった上野ファームさんですが、TVドラマ『風のガーデン』の象徴となる庭を監修された頃から、全国的な人気のガーデンとなった気がします。

今では観光バスがひっきりなしに訪れる、旭川の人気スポットとなりました。

f:id:kapibara5168:20180501134352j:image

f:id:kapibara5168:20180501134411j:image

今の盛りは水仙とヒヤシンス

f:id:kapibara5168:20180501134637j:plain
f:id:kapibara5168:20180501134656j:plain

 

f:id:kapibara5168:20180501140737j:image

 もう少しすると白樺の小道には水仙とチューリップの共演が見られますが、チューリップは原種の小さいもの以外はまだ蕾の状態です。

f:id:kapibara5168:20180501140014j:plain
f:id:kapibara5168:20180501140037j:plain

 

 カラフル担当は、今はヒヤシンスが一手に引き受けているようです。

f:id:kapibara5168:20180501134724j:image

f:id:kapibara5168:20180501134856j:plain
f:id:kapibara5168:20180501134908j:plain

 

ムスカリ

f:id:kapibara5168:20180501140716j:image

白からグリーン、濃い紫へのグラデーションが個性的です。

 

クリスマスローズがたくさん咲いていました。

f:id:kapibara5168:20180501141100j:image

f:id:kapibara5168:20180501141538j:plain
f:id:kapibara5168:20180501141551j:plain
f:id:kapibara5168:20180501141618j:plain
f:id:kapibara5168:20180501141634j:plain

 

暗色のクリスマスローズもシックで素敵です。

f:id:kapibara5168:20180501141758j:image

こちらは更に黒い花色

f:id:kapibara5168:20180501141812j:image

カッコいい!

 

フリチラリア・メレアグリス

f:id:kapibara5168:20180501142213j:image

スネイクヘッドの別名があります。たしかに模様がそれっぽい。

 

八重咲きサンギナリア

f:id:kapibara5168:20180501143136j:image

背は低いですが八重の白い花が人目を引きます。

 

タツタソウ

f:id:kapibara5168:20180501144518j:image

※手前はオキナグサ

この薄紫というか藤色の花が、赤みがかかった暗い色の葉によく似合って綺麗でした。

 

オキナグサ

f:id:kapibara5168:20180501145256j:image

ケモケモしたうぶ毛が陽に当たってキラキラしていました。とても可愛い!

ハナアブがしきりに花の周りを飛んでおり、名前を特定しようと調べましたが、フタホシヒラタアブかナミホシヒラタアブのどちらかと思われます。

f:id:kapibara5168:20180501150758j:image

今は裸のレンガウォールも、やがてつるバラに覆われます。

f:id:kapibara5168:20180501150845j:image

働き者の庭の妖精が住む、トンガリ屋根の家を取り囲む池では、カエルの声が響いていました。

季節が来れば、池に浮かぶハスからこちらをジッと見る可愛らしい姿が見られます。

↓こちらは去年の池の様子です。

f:id:kapibara5168:20180501152436j:plain
f:id:kapibara5168:20180501152517j:plain

「ケロケロ〜」

ほらっ!めっちゃガン見ですよ(笑)

 

ちなみにこの写真を撮ったのは去年の8/15ですので、このくらいの時期に訪問すると、この風景が見られるかもしれません。

 

そろそろ帰ろうと出口に向かっていると、ニワトリさま御一行が前を横切りました。

f:id:kapibara5168:20180501161001j:image

f:id:kapibara5168:20180501161015j:image

ニワトリ軍団は花の写真を撮っている間もガーデン内のあちこちを、地面をつつきながら歩いていました。

こちらはよく小動物が自由に庭を歩き回っていて、今はもういなくなってしまいましたが、うさぎの夫婦が仲良く草を食べる姿をよく覚えています。

大きな声のガチョウや白いアイガモが、えっちらおっちら歩く姿も可愛かったです。私はここ最近ご無沙汰ですが元気かなぁ?

f:id:kapibara5168:20180501161401j:image

ここで自由に暮らせる君たちは幸せだねぇ。

かなり暖かい日でしたので、耐えきれずにコーヒーフロートを飲みながらニワトリ軍団を眺めていると、大きな石の上に集合し始めました。

f:id:kapibara5168:20180501161643j:image

「集合ー!本日の終礼を行います」

遠くのベンチからカメラを構える私の方を、チラチラ見ています。

ウザくてすみません。

でもね、また来ちゃうんで何とぞよろしくお願いいたしますよ(* ̄m ̄)

 

今回、春を迎えた『上野ファーム』さんはいかがだったでしょうか?

これからもちょくちょくお邪魔する予定ですので、良い写真が撮れたらまた、お目にかけたいなと思います。

毎年ガーデンパスポートを買うのでヒマな時はいつでも行けるのだ( ̄▽ ̄)

それでは皆さま、GWの後半も楽しくお過ごしくださいませ。

ではでは☆