北のはしっこ惑星

北海道LOVEな道産子主婦が花や自然、飼い猫、たまに料理、まれにフィギュアスケートの事を呟きます

冬の遊び

オリンピック、メダルも増えてきて盛り上がっていますね!

私もTV・衛星放送・PC・スマホなどを駆使して、4年に一度の冬の祭典を楽しませてもらっています。

 

人間が全力で限界に挑む姿って美しいなぁ。

年若いのにみんなつくづく立派だよ…。

f:id:kapibara5168:20180220200633j:image

寒い場所で頑張っている選手たちには何だか申し訳ないような気がしますが、トップレベルの戦いを暖かい部屋で応援させてもらえるのはありがたいですね。

 

雪と氷の中で頑張っている選手たちを見ていると、スキー・スケートを楽しんでいた子どもの頃のことを思い出しました。

 

**********

 

応援とHDD編集作業で疲れてきたので、冬の思い出でも話してみようかしら(逃避)。

  

おばちゃんの思い出話ばかりでは華がなくて飽きられてしまいそうなので、ランダムに猫や風景の写真をねじ込んで強引に進めていきたいと思います(`・ω・´)

お時間に余裕のある方はしばしお付き合いくださいませ♪

f:id:kapibara5168:20180220205936j:image

「えー、また私頼り〜?出演料はずんでよね!」

 

北海道の子どもはその環境から、学校の体育の授業などで冬のスポーツを半ば強制的に経験させられます。

北海道でも雪の少ない地域や比較的温暖な地域がありますので、そういったところの学校の事はわかりませんが、道北の私は小〜高校でスキー・スケート・クロスカントリーを授業で受けました。

番外編としては、雪の積もった校庭で行う、サッカーとラグビーを混ぜたような学校オリジナルの球技(笑)があり、これが激しい肉弾戦で私はあまり得意ではありませんでした。 

http://www.ekinavi-net.jp/area/index.html

北海道のエリア区分は、条件により多少変わってくるのですが概ね↑こんな感じに認識されていると思います。

道南と道央の一部などは、寒さや雪の量が道内でも割と穏やかなはずなので、この辺りの学校の冬の体育事情はまた違ってくるかもしれません。

道東はスピードスケートの本場で、有名な選手をたくさん輩出しています。清水宏保さんや岡崎朋美さん、今オリンピックで活躍している高木美帆選手も、道東の出身ですね!

 

f:id:kapibara5168:20180220201906j:image

市民スキー場から見える旭川市

 

道北はスキーが中心かと思います。スキージャンプは、上川町や下川町などが有名ですね!

レジェンド葛西さんや高梨沙羅ちゃんもこちらの出身です。やはり地域の気候特性により、何がメインになるかはそれぞれなのでしょう。

 

小学校のスキー授業では校庭の端に作られた小さい雪山と、街のスキー場を利用していました。

スケートは基本、男子がスピードスケート、女子がフィギュアの靴を使っていましたが、それが決められていたものか本人希望でそうなっていたのかは覚えていません。私はフィギュアの靴を履いていました。

 

凍れ(しばれ)がキツくなってきた頃、先生や保護者の方々が校庭の一部にホースで水を繰り返し撒き、数日かけて小さなスケートリンクを作ってくれます。

私はスキーよりもスケートが好きだったので授業のみならず、学校にスケート靴を持って行って昼休みに滑って遊んだりしていました。

教えてくれるのは専門の方ではなく、普通の体育の先生なので、難しい技術を教えてくれるわけではありません。

荒れたガタガタの楕円形のリンクを、スピードスケートの靴の子もフィギュアの靴の子も、外周に沿ってグルグルと周るのがメインです。

靴もみんな自前で用意し、私の靴はスタンダードな白いフィギュアスケート用でした。

 

私の初めてのスケート体験は幼稚園か更にその前で、赤いスケート靴を履いて滑ったのを覚えています。これが自前かレンタルかは、幼すぎて流石に記憶がありません。

 

小学生の私たちは、わずかな情報を頼りにバックで滑る練習をしたり、子どもたちだけでそれなりに技術習得をしていきました。

だって先生もたいして出来ないんですもの。

 

「ひょうたんの形を描きながら後に滑るんだって!」

「えー、難しいよー。」

 

見よう見まねで、ひょうたん→バッククロスを習得し、ジャンプの練習をしましたが、ジャンプはいくら頑張っても半回転までしか回ることは出来ず悔しかったです。

3回転とか4回転とか、どういうことになってるんです?

f:id:kapibara5168:20180220202634j:image

「私なら…出来る!多分。」

冬休みにはスケート場のスタンプカードが配られ、隣の区域の中学校の校庭に作られた大きなリンクに毎日のように出かけました。

ひとしきり滑ったら、プレハブの休憩所で、ストーブに乗った大鍋のお湯の中で熱くなっている瓶入りのコーヒー牛乳を飲み、串を打った駄菓子の「のしいか」、もしくは割り箸に巻いた水飴を南部せんべいではさんだお菓子(あめせん)を食べて帰る。

これが決まりごとでした。楽しかったなぁ…。

f:id:kapibara5168:20180220203219j:image

「ふーん。」

 

あまりにローカル且つ個人的な話過ぎて、皆さんがついてきてくれているか心配になってきました。

無理は言いません。気力のある人だけついて来てください。

 

ローカル度は増していきます。

これは北海道だけでなく、他の雪が降る地域の子どもたちも使っているのでしょうか?

『ミニスキー』です。

f:id:kapibara5168:20180219205525j:image

 https://goo.gl/images/d8rTtA

私の初めてのスキーは普通のスキー板ではなく、プラスチック製の 『ミニスキー』でした。

長靴に直接留め具で装着します。ストックは使いません。

幼少時代、今よりもっと北の『名寄(なよろ)』という街に住んでおり、そこにある

ピヤシリ『菊山』という二つのスキー場に、よく両親と出かけました。

てっぺんから一直線にミニスキーで滑り降り、「子どもってのは恐怖心がないからなぁ。」と両親に感心(?)され、得意げになっていた記憶があります。

思い出したついでに『菊山』を検索してみましたが既に閉鎖されてしまったようで、

『廃墟検索地図』とかいう、ロゴがおっかないサイトに掲載されていました。

 

北海道も、ニセコなど地下上昇率全国一になるほど成功したスキー場もありますが、スキー人口の減少でギリギリ経営しているスキー場も多いようです。

スノーボードにハマっていた頃はシーズン券を買って毎日のようにスキー場に通っていた私も、今はすっかり足が遠のいてしまっているので偉そうなことは言えませんが…。

 

ちょっと話が逸れてしまいましたね。

今の子どもたちは昔ほどミニスキーを滑っている姿を見ない気がしますが、私たちの時代は冬の遊びに欠かせないものでした。

というか、通学時にも履いて登下校することもしょっちゅうで、行き帰り道路の端に寄せてある雪山に登っては道路に向かって滑り降りるという、現代なら危なくてブッ叩かれそうなことを平気でしていました。

こうしてみると昭和の子どもって、かなり雑に生きていたなぁと思うのですが、それは私が田舎育ちだからですかねぇ?

きっとそうなんだろうな…。

f:id:kapibara5168:20180220203500j:image

かあちゃんのイナカモノー!でべそー!」

でべそじゃないです!

 

そういう人ばかりではないかもしれませんが、北海道民にとって雪や氷はやはり身近なもの。

私の場合、鮮烈な思い出は冬の方が多いような気がします。

だから余計に冬のオリンピックを一生懸命見てしまうのかもしれません。 

 

明日はフィギュア女子シングル、子どもの頃になりたかった、フィギュアスケートの女子選手たちが登場します。

 

夢を叶えた彼女たちが力を出し切れますように。

頑張ってー!

 

最後までお付き合いいただいた方、ありがとうございました( ´ ▽ ` )!

 

また次回よろしくお願いいたします♪

 

 

66年ぶりの快挙!

こんばんは…トビーです…。

私も出し尽くしました_ノ乙(、ン、)_男子フィギュア。

 

日本ワンツーおめでとうございます!

フェルナンデス選手、今度こそメダルが取れて良かった!

ネイサン、自爆からのフリーの捲り、すごかったよ!

ボーヤン、北京で目指せ金メダル!

田中刑事選手、世界選手権でリベンジ待ってる。

個人的にビチェンコさんとパトリックとリッポンに心から拍手を!

選手たち全てにありがとうと感謝します!

まだ競技は終わってないけど、このオリンピック初の金メダルに敬意を表して祝杯をあげました〜♪

 

シャンパンはなかったので1本だけ残っていた『増毛シードル』で。

 

『昼から飲むの?』

f:id:kapibara5168:20180217155546j:image

今日は特別なんだよ。

f:id:kapibara5168:20180217155620j:image

フェルナンデスと一緒に表彰台に立てて良かった。彼は戦友だから。

 

タラソワ先生も嬉しそう。

f:id:kapibara5168:20180217155641j:image

タラソワ先生が贈ってくれたエキシビションナンバーの『ノッテ・ステラータ』は本当に素敵で大好き。

 

コーチ陣頑張ってくれたなぁ。

f:id:kapibara5168:20180217155704j:image

日本人2人が五輪でワンツーなんて、もう見られないかもしれないね。

f:id:kapibara5168:20180217155912j:image

「味は?美味しい?」

f:id:kapibara5168:20180217155947j:image

うん、最高。

f:id:kapibara5168:20180217160402j:image

「でも将棋の藤井五段が羽生2冠を破ったらしいよ。」

 

マジですか⁉︎

 

なんかニュースが紛らわしくなりそうな予感…。

誰かが勝てば、誰かが負ける。

当たり前だけど勝負の世界は厳しいね。

  

「じゃあそろそろ遊んで頂戴!」

f:id:kapibara5168:20180217160233j:image

いや、まだ膨大な編集作業が。

 

これで遊んでてもらっていいかな?

f:id:kapibara5168:20180217162810j:image

「また手抜きー。楽しいの〜?」

f:id:kapibara5168:20180217163137j:image

これ、まりちゃん好きなやつだよ!

ビヨンビヨンするの!

f:id:kapibara5168:20180217165221j:plain
f:id:kapibara5168:20180217165247j:plain
f:id:kapibara5168:20180217165305j:plain

そうだ、これ楽しいやつだったー!

 

いろいろ散らかっているのは見逃してください(´-ω-`)

 

 1人で見守るのがしんどくなって、ネットで実況見ながら観戦してたら、

「いつも読んでるブログの、ブロガーさんの心臓が心配」みたいな書き込みがあって、よもや自分の事かと(笑)

そういう人がたくさんいたんだろうなぁ…。

 

まだまだ競技は続きますね。

 

あまり語ってドン引きされると困るので、今日はこの辺で( ̄▽ ̄)

 

さて、66年ぶりの五輪連覇を噛みしめながら、夜の宴の準備をするとしましょう。

これから競技の皆さんも、力が出し切れることを心から祈っています!

 

では皆さまも良い週末を‼ 

 

まりもより

こんにちは。ちょこっとお久しぶりです。

f:id:kapibara5168:20180213120538j:image

今日は飼い主に代わり、私「まりも」がお送りします。

なぜって?

あの人、オリンピックが始まったのに、今頃HDDの整理をやっているの。

空き容量少ないんだって。

遅くない?

f:id:kapibara5168:20180213120723j:image

夏休みの宿題とかも、そんなことがあったらしいよ。

のんびりし過ぎて最終日に宿題が終わってなくてね。

徹夜で仕上げて、始業式の朝フラフラで栄養ドリンク飲んで、はっちゃきで自転車漕いでたら途中で気持ち悪くなって、結局学校休んだんだって。

アホだねぇ。

f:id:kapibara5168:20180213121358j:image

私が遊んであげようと思ってちょっかいかけても、あとでねー、とか適当にされるし。

「あとでね。」って、大抵嘘じゃない?

f:id:kapibara5168:20180213122641j:image

そしてね、とっとと作業すればいいのに、その録画を見直したりして、すっごく遅いの。

f:id:kapibara5168:20180213122945j:image

そしたらその間にまたどんどん録画が溜まっていって、ちっとも減らないんだって。

 

だから今日、ちょっと場を繋いでおいてって。

f:id:kapibara5168:20180213123553j:image

何したらいいんだろうねぇ?

f:id:kapibara5168:20180213123748j:image

うーん。

f:id:kapibara5168:20180213123823j:image

うーん。

f:id:kapibara5168:20180213123925j:image

うーん?

f:id:kapibara5168:20180213123955j:image

あっ、じゃあこないだ行ったところの写真をちょっとだけ。

旭山動物園の『雪あかりの動物園』へ行ってきたんだって。カメラの練習がてら。

アイスキャンドルとか、動物も少し撮ってきたんだけれど、今日は失敗した動物の写真を載せちゃおっと。

何で失敗したやつって?

 

それはねーぇ、私の引き立て役なの!

f:id:kapibara5168:20180213131002j:image

ぷぷぷ。

だって今日は、私が完全主役だから!

まともに撮れたのは次の機会にね。

 

それじゃ行きまーす! 

題名『くしゃおじさん』

f:id:kapibara5168:20180213131301j:image

ブレブレ!

でもダチョウの正面顔が面白かったから載せたいんだって。

 

じゃあ次。

題名『殺気』

f:id:kapibara5168:20180213131807j:image

こんな細い柵だけで1m位しか離れてないの。目が笑ってないんだって。

「オマエコロス」って聞こえたみたい。

 

失敗というのとはちょっと違うけど。

題名『温水感(ぬくみずかん)』

f:id:kapibara5168:20180213133045j:image

眠るイボイノシシさん。まばらな毛流れに、あの俳優さんの顔が浮かんだんだって。

いいよね、温水洋一さん。

 

最後はちょっとかわいいの。

題名『潜む毛ダルマ』

f:id:kapibara5168:20180213133910j:image

ペンギンは皆、ほとんど誰も動かない状態。というか、寝てる。

↓ 立ったままグッスリスヤスヤ

f:id:kapibara5168:20180213134515j:image

茶色い毛ダルマは皇帝ペンギンの赤ちゃんでモッフモフ。

モフモフのせいで親より大きく見える。

それが窓際ギリギリの壁の直角に、顔を突っ込んだまま微動だにしないの。

モッサリしていて、すごく可愛かったんだって。

 

まあ、私の方が可愛いんですけどね。

f:id:kapibara5168:20180213140125j:image

(醜い心の声が漏れてますよ、まりもさん) 瞬膜出かかってるし。

 

まりちゃんありがとー!もういいよ、お疲れさまでした!

 

やっと終わり?ふー、やれやれ。

f:id:kapibara5168:20180213141919j:image

…スピー。

f:id:kapibara5168:20180213142357j:image

(こっそり大股開き載せちゃおう♪)

f:id:kapibara5168:20180213142457j:image

ZZZ…

知らぬは本人ばかりなり…。

 

ってぇ!

これ書くのにちょっと下向いたスキに、男子ハーフパイプ平野歩夢選手がショーン・ホワイト抜いたとこ見逃したぁ!予選だけどー!

f:id:kapibara5168:20180213143723j:image

「何やってんのかしらねぇ。」

 

その後はやっぱりさすがのショーン・ホワイト。満点近くで予選1位通過。

やっぱりすごいね。

予選でこんなんだったら決勝どうなるんだろう。

 

それではHDDの整理に戻りますか…。もうすぐフィギュアも個人戦が始まっちゃう。

 

メダルを取った皆さんおめでとう!

f:id:kapibara5168:20180213145212j:image

ではまた数日後に、皆さまよろしくお願いいたします♪

 

ぐうたら貯金再び

さて、そろそろ冬季オリンピックが開幕しますね。

いろいろと心配も多い今回のオリンピックですが、選手の皆さんは4年に1度のオリンピックのために日々過酷なトレーニングに明け暮れ、出場の切符を手に入れたわけです。

オリンピックを目指しながらも涙を飲んだ、多くの選手たちの気持ちを背負い、「国」の代表として戦う出場選手たちを、画面越しでもいいから応援したい! 

夏季オリンピックに比べてやや地味なイメージの冬季オリンピックですが、雪と氷に慣れ親しんだ北海道民としては応援せずにはいられません( ̄Д ̄)ノ!

 

普段あまり見なくなってしまったテレビですが、期間中はテレビの前でしっかり応援したいと思います。

 

しかしながら、何もせずにテレビの前にかじりついているわけにもいきません。

心おきなく応援するためにはそれなりの準備が必要です。

じっくり腰を据えて応援したいですからね〜!

 

そこで再び登場するのが、以前記事にしたことがある『ぐうたら貯金』です。 

north-hashikko.hatenablog.com

  

ぐうたらするための料理の貯金、要は「作り置き」の一種ですが、ズボラな自分を作業させるための自己流のやり方なので、あまり他の方の参考にはならないかもしれません…。

 

とにもかくにもオリンピック開幕が近づいてきたので、この

「ぐうたら貯金」に積み増しをしておきたい。

そしてそれを活用し、ご飯支度の労力と時間を大幅に削減する作戦です。

ということでここ数日、自分を騙し騙しチマチマと料理の下ごしらえなどして自家製の冷凍食品を作っていたのですが、そのうちの一つ、ピザ生地がなかなか便利なのでご紹介したいと思います。

手ごねしないので気楽に作れます♪

 

【ピザ生地】※素焼きMサイズ2枚分

◦強力粉                 300g
◦砂糖                        7g
◦塩                            5g
ドライイースト      3g
◦オリーブオイル    適量(無しでも可)
◦ぬるま湯            180ml

f:id:kapibara5168:20180207201125j:plain
f:id:kapibara5168:20180207201150j:plain
f:id:kapibara5168:20180207201215j:plain
f:id:kapibara5168:20180207201230j:plain

ボウルの中で全て混ぜ(オイルは他の材料が混ざった後に)、まとまったらラップをして一次発酵。レンジの発酵機能を使ってもいいですし、暖かい部屋に放置してもいいと思います。1.5〜2倍くらいに膨らめば良し!材料を計って混ぜるのに15分程度かな?

一次発酵の時間はその時の条件で変わるので、自分の都合に合わせたい時はレンジ発酵が確実ですね。膨らむまで家事でも仕事でも趣味でも、好きなように過ごしましょう。

 

f:id:kapibara5168:20180207203005j:plain
f:id:kapibara5168:20180207203022j:plain

一次発酵が済んだところで打ち粉をしながら取り出して二つに切り分け、切ったところを内側に入れ込んで、丸く形を整えながらガス抜きします。ここで休ませる時間があれば少し休ませて、なければそのまま伸ばし作業に入ります。

 

f:id:kapibara5168:20180207203055j:plain
f:id:kapibara5168:20180207203257j:plain
f:id:kapibara5168:20180207203344j:plain

まず、ぽわぽわと膨らんだ生地を愛でます(この工程は個人的嗜好ですので省いてもかまいません)。

麺棒や掌を使って伸ばしていきます。今回はほどほどの厚みに伸ばし、縁の部分を盛り上げました。薄生地が好きなら薄く広く伸ばします。縁の内側部分はフォークで穴を開け、余計な膨らみが出ないようにします。これを素焼きします。

 

冷凍なんかしないで今すぐ食べたいんだよ!という場合は、この時点でソース・具材・チーズなどをトッピングしてからオリーブオイルを回しかけ、230〜250℃でチーズがフツフツするまで焼けばすぐ食べられます♪

 

f:id:kapibara5168:20180208125557j:plain
f:id:kapibara5168:20180208125641j:plain
f:id:kapibara5168:20180208125831j:plain

※リスドォルは粉の種類です。レシピは普通の強力粉ですが、今回はリスドォルというフランスパン用の粉が大量にあったので今回はこちらを使いました。粉によって味や食感の違いを楽しむのもいいですよ♪

ウチのオーブンレンジでは、190℃で予熱・170℃で10分焼きました。真ん中の写真は、右側が焼く前、左側が焼いた後です。ふっくらした素焼きの生地になりました。冷めたらフリーザーバッグに入れて冷凍します。

あとは食べたい時にトッピングして焼くだけです。↓こんな感じです。

f:id:kapibara5168:20180208142040j:plain
f:id:kapibara5168:20180208142110j:plain
f:id:kapibara5168:20180208142133j:plain

 

発酵や焼き時間を除けば30分程度の作業だと思いますので、気が向いた時作ってストックしておくと、食べたい時に熱々ピザが食べられますよ♪

今回は2枚で作りましたが、大きさは自由自在なので好きなサイズにして冷凍しておけば使い勝手がいいですね。

 

小さめの楕円形にしておけば魚焼きグリルで焼くことも出来ます。

f:id:kapibara5168:20180208135141j:plain
f:id:kapibara5168:20180208135213j:plain

魚焼きグリルで焼いた、しらすと大葉のピザ。ちょっとしたおつまみの一品にも!

 

あとひとつ個人的にほくそ笑むポイントがありまして…。

宅配ピザを取ったと仮定すると、すごくトクした気分になれる」 

、というのがあります。

いじましくてすみません(^^;;

元手ゼロとは言いませんが相当安価に出来るので、つもり貯金をするならばけっこうな金額を貯金箱に入れることが出来るかと思います。

 

あとあとのぐうたらタイム積み立てと、つもり貯金が捗るという一挙両得なワザだと思うのですがどうでしょう⁉︎

 

「どうでもいいかな。」メンドクセー

f:id:kapibara5168:20180208152448j:image

(自分にトクがない時は露骨ですね、まりもお嬢さま…)

 

前回の記事、『特権階級』に、たくさんのブックマークやコメントをありがとうございました!おふざけが過ぎてドン引きされるかなと思いつつ投稿したのですが、思いがけず多くの方に見ていただけたようで恥ずかしいやら嬉しいやら。

ありがたき幸せ。

今回のように、毎回まりもが登場するわけではないのですが、また気が向いたら見に来ていただけると幸いです( ´ ▽ ` )!

 

お礼と言ってはなんですが、好評でしたまりもお嬢さまの白手袋肉球をお納めください。

それではまた☆

 

f:id:kapibara5168:20180208175716j:image

f:id:kapibara5168:20180208175746j:image

f:id:kapibara5168:20180208175813j:image

 

 

特権階級

今年は雪が多いですこと。

f:id:kapibara5168:20180129222922j:image

うちも今、召使いのセバスチャン(仮名)が屋根から落ちた雪を片付けてるの。

f:id:kapibara5168:20180129223027j:image

この寒いのに、労働者階級はかわいそうねぇ。

f:id:kapibara5168:20180205133719j:image

 

でも仕方ないわよね。

f:id:kapibara5168:20180201174003j:image

だって私の白くて可愛い手で雪かきなんてさせられないでしょ?

 

この白い絹の手袋が汚れちゃう!

 

猫に生まれて良かった♪

f:id:kapibara5168:20180205183130j:image

 

あら、セバスチャンはどこへ行ったのかしら。

f:id:kapibara5168:20180201174339j:image

(まりもお嬢さま、肩が逞しくてらっしゃる…)

 

いたいた。鉄のスコップを取りに行ってたのね。屋根雪は締まって固いから。 

※スコップとシャベル、地域によって呼び方が違うそうですね。ウチは大きいのがスコップ、小さい手持ちするものがシャベル…かな?どっちでも通じますが。

 

おほほ、しっかり働くんですのよ〜。

f:id:kapibara5168:20180201175200j:image

なんか私の方に雪投げてきた!

f:id:kapibara5168:20180201180236j:image

もしやクーデター⁉︎

f:id:kapibara5168:20180205184912j:image

f:id:kapibara5168:20180201180614j:image 忠臣だと思っていたのになんてこと!

f:id:kapibara5168:20180201181533j:image

おのれセバスチャン…許さなくてよーーー!

 

  

「一人芝居楽しい?」 

f:id:kapibara5168:20180205165045j:image

シーッ!のんたん、楽しいみたいだからそっとしておいてあげて!

 

あれ、まりちゃん、もうおしまい?

 

「気分害したからお城へ帰るの!」

f:id:kapibara5168:20180205173433j:image

 

まりもお嬢さまのお城、すんごいボロいっすね。

f:id:kapibara5168:20180205173456j:image

「由緒正しい古城なのよ!ほっといて。」

 

まあまあ、機嫌直して。少し遊ぶ?

f:id:kapibara5168:20180205173945j:image

………。

 

f:id:kapibara5168:20180205174121j:image

「遊ぶ♪」 単純でいいねぇ、まりちゃん。

 

「それとねーぇ、」 

f:id:kapibara5168:20180205175129j:image

「そろそろ新しいお城、作ってよね。ボロ過ぎなの!」

 

ははっ、いいダンボールが手に入りましたら必ずや。

 

いやあ、お猫さまには抗えませんなあ。

はっはっは。

 

………ふう。

 f:id:kapibara5168:20180205190235j:image

(少し静かにしてくれる?)

 

あっ、す、すみませんデシタ…。

 

寒い夜は月が綺麗

PCを覗き込みながらついつい夜更かし、昨夜もそうでした。

リクライニングチェアの右側にには窓、カーテンは開けたままです。

気がつくと青白い月の光が辺りを照らしていました。

そうそう、前日は『スーパー・ブルー・ブラッドムーン』、満月でした。

窓から空を見上げると、満月ではないけれど充分丸いお月さま。

冷え込みがきつくなってきたので、放射冷却で雲一つない空にクッキリ浮かんでいます。

 

ちょっと外に出てみよう!

 

カメラを持って、薄い部屋着にパーカーを羽織っただけで出てみると、うわ!寒‼︎

f:id:kapibara5168:20180202152250j:plain
f:id:kapibara5168:20180202152501j:plain

 

スマホのアプリでは−16℃。

郵便受けに入れてある100均の温度計は、あれ?−12℃くらい。

だいぶ違うねぇ。

 

うわー、寒いー!早く撮って家入ろう。

カシャカシャカシャカシャ!

 

トリミングしています。ちょっと白いですかね?白黒写真みたい。

f:id:kapibara5168:20180202153148j:image

ネットの情報を探し、初めてマニュアルモードで撮ってみました。言いつけ通りの設定で撮りましたが、後からよく読むと、まだ改善の余地がありそうです。

 

半袖Tシャツにパーカー1枚、氷点下。三脚なし。

震えながら高い位置の月に向かって仁王立ちでカメラを構えると、グラングランと月が揺れます。

(三脚って必要だな…。)

 

死んでしまう。撤退。

 

ちなみに一応、スーパー・ブルー・ブラッドムーンとやらも前日撮りましたよ、おまかせモードで。

f:id:kapibara5168:20180202162015j:image

トリミングしています。全体にモンヤリしていますね〜。でもスマホで撮るよりは、だいぶそれらしく撮れました。

もう少し大きくキリッと撮れるレンズが欲しいですが、カメラを使いこなせるようになるまでガマンガマン。

 

すっかり冷え切って布団に潜り込んだ数時間後。もっと早朝は−20℃まで冷え込んだようです。

f:id:kapibara5168:20180202163001j:plain
f:id:kapibara5168:20180202163027j:plain

 

こらあぁ!また−12℃かー‼︎どう考えても−12℃ぽっちじゃないぞ。

 

どんなに冷えても−12℃以下になると、温度計自体が仕事を放棄する仕様のようです。

つまり一見、−24℃まで測れますよ♡と言っていながらズルをしているワケです。

 

君、リストラね。

※今この温度計は家の中でヌクヌクと過ごし(むしろ栄転?)、見てみると28℃を差しています。絶対に正しい温度を表示しないという、強い意志を感じました。そんなに暑くないぞ!

 

「こいつ、悪いやつ?」

悪いヤツじゃないけどいいかげんなヤツなんだよ。

f:id:kapibara5168:20180202172355j:plain
f:id:kapibara5168:20180202173707j:plain

 

外に出たのはAM8:30頃、まだダイヤモンドダストがキラキラしていたので家に入ってカメラの設定をしたのですが、再度外に出るともう消えてしまっていました。残念。

早起きしないと無理ですね。

 

でもせっかくカメラを持ち出したので、まだ寒い空気感が残るうちに近場で何枚か撮ってきました。

 

枯葉も凍ります。

f:id:kapibara5168:20180202173953j:image

 

市民スキー場の中腹を通る道から見た街並み。この道、夏は通り抜け出来ますが、シーズン中は出来ません。

f:id:kapibara5168:20180202174212j:image

f:id:kapibara5168:20180202174249j:image

スキー場を背にして立つカーブミラー。

 

f:id:kapibara5168:20180202174619j:image

青い空に白く霜のついた枝が寒さを感じさせます。

f:id:kapibara5168:20180202174843j:image

f:id:kapibara5168:20180202174902j:image

凍りつく枝に留まるからすは寒くないのかな?

f:id:kapibara5168:20180202175100j:image

f:id:kapibara5168:20180202175120j:image

木々の枝は凍りついていても、よく見れば小さな芽が膨らんできています。

 

北海道はこれから最も寒い季節を迎えます。

寒いけれど、冬だからこそ楽しいこともたくさん!

 

スキー、スケート、雪遊びをしてからの温かい飲み物や食べ物、ストーブの暖かさ。

買いすぎたお酒だってジュースだって雪にズボッと埋めちゃえばいいのさ。

外に出しっぱなしは凍って破裂する危険があるので気をつけて!

 

郊外の光の少ない場所に車を停めて、泣きそうなほど冷たく澄んだ空気の中で見上げる満天の星空は、いつまでも見ていたい美しさ。

今の私は視力が落ちてしまって、あの頃と同じ星空を見ることは叶わないけれど(・ε・ )

 

寒くて嫌われがちな冬ですが、暖かくして寒さを楽しむのもなかなか良いものですよ♪

 

 

最後までお付き合いありがとうございました。

ではまた次回、よろしくお願いします☆

 

 

1月のアロマ教室(遅刻)

朝、簡単に家事を終わらせたあとソファに座り、鼻歌をフンフンしながら皆さんのブログを読み始めると、LINEの通知が入ってきました。

 

アロマ教室の先生だ(あれ…?)。

 

『おはようございます。今年もよろしくお願いします。

さて、今日は1月のカルチャーの日です。お待ちしていますが、向かっているところでしょうか?』

 

………( ̄▽ ̄)

ギャー!忘れてたー‼︎

 

教室の時間はAM10:30から、連絡が来たのはAM10:34。

いつもその月の第1週目にアロマ教室があるのですが、1月はお正月の関係で日にちがずれ、月末に日程が変わっていたのです。

前回からおよそ2ヶ月。

最近は自分の記憶力を信用していないので、カレンダーに赤字でメモしてあったのですが、それでも忘れてしまったのです。

ダメだこりゃ。

数日前に「よし、30日だな」と確認しておきながらこのありさま。

仕事を辞めてから、どうも日にちや曜日の感覚が曖昧でアヤシイので注意してたんだけどなぁ…。

おばちゃんやらかしちまったよ!

しっかりしてくれ脳ミソさんよぉ!

 

などと己の頼りない脳細胞を恨みつつ、今から行っても良いか聞いてみると、時間を30分繰り下げてくれると言います。

普段、生徒は私ともう1人だけの超少人数制なのですが、今日はその方のお子さんが体調を崩したのでお休みとのこと。

あれ、私1人ならいっそ今日は休むと言った方が良かったのかな?

という思いがよぎったのですが、もう行くと言ってしまったし…と急いで支度をして出かけました。

 

着いたのはちょうどAM11時頃。教室に飛び込み、家を出る時慌てて引っ掴んできたジュースを一本、先生に差し出して恩赦を願います。

いつもニコニコと穏やかな先生は、

「来てくれて嬉しいわぁ。」

「それじゃあ、って言ってお休みしちゃう人も多いから。」

 

良かった。来て正解だった。ナイス判断、私!

 

ところで先生、今日は何を作るんでしたっけ?

「今日はクレイパックを作ります。」

おお、そうでした!前回、もう1人の生徒さんから出たリクエストです。

希望した本人は来れなくなってしまったのですが、先生が材料の準備をしてくれているのでそのまま作成に取りかかります。

実は恥ずかしながらワタクシ、『フェイスパック』というものを一度もしたことがないのですよ…。

キチンと化粧をしなければいけない仕事にもついていたのですが、肌荒れもトラブルもない生来の丈夫さで、手入れはテキトーで済ませていたのです。

こんな機会がなければ一生パックというものを知らずに死んでいく運命だったかもしれません。

新しい体験はいくつになっても良いものです。ありがたく恩恵にあずかりましょう!

今回の教室のレシピです。

 

☆材料☆

  • ナチュラルクレイ『モンモリロナイト』10g
  • 精製水  80cc
  • 精油       5滴

精油は好みのものをブレンドします。

今回は、イランイラン2滴、ベルガモット2滴、ゼラニウムブルボン1滴です。

 

イランイランは濃厚な香りで普段あまり使わないのですが、今日のお勉強の1本だったので使ってみました。

2滴で完全に他の香りを食ってしまいました。1滴で良かったかなー。

f:id:kapibara5168:20180130163021j:plain
f:id:kapibara5168:20180130163036j:plain

 

作り方は簡単、全てを混ぜるだけ!

f:id:kapibara5168:20180130163103j:plain
f:id:kapibara5168:20180130163238j:plain
f:id:kapibara5168:20180130163300j:plain

モンモリロナイトは金属に反応してしまうそうなので、容器もかき混ぜ棒も金属以外を使います。

f:id:kapibara5168:20180130163317j:plain
f:id:kapibara5168:20180130163653j:plain
f:id:kapibara5168:20180130163748j:plain

クレイ(粘土)はすんなり溶けないので、ある程度混ぜたら蓋をしっかり閉めてシェイクシェイク!固まりがなくなるまでひたすら振る!

クレイと精製水が馴染んだら精油を入れます。精油もなかなか溶け込まないので、ひと通り混ぜたらまたシェイク!

 

f:id:kapibara5168:20180130190735j:image

全て綺麗に混ざりました。最初はシャバシャバしているのですが、少し時間を置くとアラ不思議!

f:id:kapibara5168:20180130185524j:image

くず餅のようにもっちりしたクレイパックに変身です。

 

今日のクレイは先生が選んで持って来てくださったため、予備知識は全くありません。

いくらか説明があった方が良いのではとグーグル先生にお伺いを立てたのですが、いろいろありすぎて書ききれないので諦めました。

ざっくり言うと、

ナチュラルクレイ・モンモリロナイトはナノサイズの超微粒子であるため、なめらかな感触で傷をつけずに毛穴の奥までキレイに洗うことができる、くすみが取れる』

という効果があるそうです。

 

使い終わったガラス棒のクレイをティッシュで拭き取ろうとすると先生が、「あ!」と言って制止するので手を止めると、ガラス棒に残っているクレイを手の甲に塗ってくれ、少しそのまま待つように言われました。

数分後洗い流すと、…おや?少しですがクレイを塗った場所の皮膚が白っぽく明るくなっています。

ワタシ、どんだけくすんでいたのよ。

一応、色白で通っていたハズなのに、実はくすみ汚れていたということですか。

 

どうせなら、この三歩歩いたらすぐ忘れる脳細胞のくすみも取ってくれたらいいのにね。

 

正直、あまり美容に力を入れてこなかった人生なので、化粧品なんてどれもそう変わらんだろと思っていたのですが、これはなかなか。

日持ちしないので、一気にたくさん作るものではないようですが、自分で作るのも簡単なので、定期的に作っても良さそうですね!

 

クレイパックを作り終わったら、なんと先生がハンドトリートメントをしてくださると!

本当は、今日もう1人の生徒さんと交互にやってもらおうと思っていたそうなのですが、その方がお休みされたので先生が私に施術してくれるというのです。

 

「す、すみません〜、遅れたあげくトリートメントまで…。」

「いいのよ〜♪」

先生は天使。

 

では遠慮なく。

f:id:kapibara5168:20180130200431j:image

まずは手を温めてくれます。でも先生、私の方が手は温かいみたいです。

f:id:kapibara5168:20180130200549j:plain
f:id:kapibara5168:20180130200610j:plain
f:id:kapibara5168:20180130200635j:plain

気持ちいいです〜。ほわぁ〜♡

手に骨のラインがないのは気にしないでください。子どもの頃から太った痩せた関係なく、手の甲の骨が埋まっているんです…。

 

すっかり幸せな気分になりました。先生ありがとうございます!見てないと思いますけど。

こんなことならジュース1本だけじゃ申し訳なかったなぁ…と思いながら、本日の教室は終了です。

 

クレイパックは案外簡単に作れるので、興味がある方は是非作ってみてくださいね♡精油は入れても入れなくても良いと思います♪

 

【備考】

先生に持っていったジュースは、お歳暮にいただいた北海道岩見沢市にある、

『NORTH FARM STOCK(ノースファームストック)』さんのジンジャーエール

f:id:kapibara5168:20180130205601j:plain
f:id:kapibara5168:20180130205636j:plain

地元の農家さんと連携し、北海道の美味しいものを全国に発信するナチュラルブランドです。

f:id:kapibara5168:20180130205808j:image

黒のプレーンなジンジャーエールを飲んでみました。生姜がたっぷり沈殿しています。炭酸なのを忘れて思いきり振りそうになりました。 

あぶなっ(;゚Д゚)

香りはすごく生姜、味はスッキリした美味しいジンジャーエールです!辛さはありませんが、たくさん入っている生姜のせいか、飲んだあと喉から胃までがポカポカするような感じです。これは新陳代謝が捗りそうです。

ジュース以外もいろいろありますよ!参考までに置いておきます♪

公式Webサイト↓

http://www.northfarmstock.com/

 

ではまた次回、

よろしくお願いいたします☆