北のはしっこ惑星

北海道LOVEな道産子主婦が、花、自然、飼い猫、その他何でも楽しむブログ

アザラシ、エベレストに挑む

最近暖かい日が続き、日中は氷点下に下がることがありませんでした。

そんな時、我が家からはスイスやネパールのような風景を望むことが出来ます。

何をワケワカランことを…と思った方は下に示す写真をご覧ください。

f:id:kapibara5168:20180109113958j:image

f:id:kapibara5168:20180109135859j:image

リビングの窓から見えるのは…もうおわかりになったと思いますが、屋根からの落雪で出現した、難攻不落の雪山です。

我が家は屋根雪落ち放題なのですが、四方が空いているため、どれだけ大量に落ちようと、ご近所さまから叱られる心配はありません。

不都合といえば外の景色があまり見えなくなるくらいで、窓が割れるほど溜まらなければそんなに慌てて片付けず、毎日雪山を眺めながら暮らしています。

相変わらずズボラですみません( ˘ω˘ )

 

しかしいくらズボラといっても、玄関や前の通路まで流れてくれば放置も出来ないので、流れ落ちてきた雪のカタマリをえっちらおっちらと片付けます。

f:id:kapibara5168:20180109142645j:image

 

壁と物置の間にもびっちびちに雪が。

f:id:kapibara5168:20180109134349j:plain
f:id:kapibara5168:20180109133957j:plain

夜の落雪は空気を読んで控えてほしい。

 

この斜面を伝って、落雪が通路まで溢れれば、例え夜であっても働かなければなりません(主に夫が)。

 

もう通路細くてもいいや。

f:id:kapibara5168:20180109134425j:image

通れりゃいいのよ、通れりゃ。 

 

ここ最近の暖かさで、大屋根の我が家は雪が降っただけ快調に落雪を繰り返し、このような姿になりました。

f:id:kapibara5168:20180109143213j:image

(なんじゃあこりゃあ…)

 

その時々に造形された形状により、マッターホルンであったり、アイガー、k2、エベレストだったりするワケです。

※頂上に大きな木がそびえるナゾの雪山バージョン

f:id:kapibara5168:20180109132113j:image

 

「何故あなたはエベレストに登りたいのか?」

そう問われた登山家ジョージ・マロリー氏曰く、

「そこにエベレストがあるから(Because it's there. )」

と答えたといいます。

日本語では、

『そこに山があるから』と意訳されています(Wikipedia先生より)。

 

我が家にもそんな冒険家が!

f:id:kapibara5168:20180109145957j:image

寒い北欧フィンランドからやって来た銀行員(粗品)の彼が登頂の意思を示しました!

 

寒いところといえばアザラシ(強引)!

f:id:kapibara5168:20180109150225j:image

「そこに山があるからさ(意訳)」

f:id:kapibara5168:20180109150558j:image

登頂前に微笑みを浮かべつつ記念撮影

 

ベースキャンプ出発

f:id:kapibara5168:20180109150826j:image

「ご無事で…‼︎」

f:id:kapibara5168:20180109151052j:image

頂きははるかに遠く。

f:id:kapibara5168:20180109151220j:image

一歩一歩、腹ばいでズリズリと上がってゆく彼の背中を見送りました。

彼は登頂出来たのでしょうか…。

 

え?撮影隊(私)は見届けなかったのかって?

いやあ、アブナイっすからね!彼の単独登頂ですよ。成功したんじゃないですか?

 

「アンタよくやったわ!」

f:id:kapibara5168:20180109151909j:image

ねぎらいの言葉に満足げな銀行員(粗品)登山家。

早くも次の雪山に挑戦するようです。

f:id:kapibara5168:20180109152545j:image

「そこに山が(以下略)」

 

新雪ラッセルしながらズルズル進むアザラシ銀行員(粗品

f:id:kapibara5168:20180109153309j:image

彼の冒険はまだまだ続く…。

f:id:kapibara5168:20180109153519j:image

魚抱えたまま、大したやつだよ、君は!

 

**********

 

なぜこんな展開になったのか私にもわかりません( ˙-˙ )

 

最初は別の話に繋がる予定だったのですが、どこでアザラシの貯金箱と絡むことになったのか思い出せません。

勢いのまま書き進めたらこんなことに。

最後までお付き合いくださいました皆さま、お疲れさまでした、ホントーにありがとうございます!

 

後半、アザラシに取って代わられた話については別の機会に。

 

ではまた( ´ ▽ ` )ノ☆