北のはしっこ惑星

北海道LOVEな道産子主婦が花や自然、飼い猫、たまに料理、まれにフィギュアスケートの事を呟きます

青を見に行く①

最初に謝ってしまいますが、私の写真はスマホオンリーです。

スマホ用のレンズさえもつけずに撮る、普通の素人写真です。

 

ですので本物の魅力には、はるか遠く及びませんので、そのへんを差っ引いて見ていただけると幸いです。

 

言い訳はこの辺でやめましょう。

ドライブで行った、美瑛川

通称『ブルーリバー』です。

f:id:kapibara5168:20170805184714j:image

ああ、もっと近寄って撮りたい

このブルーを正しくお見せしたい

f:id:kapibara5168:20170805185930j:image

青というか乳白色がかった空色というか

f:id:kapibara5168:20170805190034j:image

いくら思ってもスマホの中身の写真が変化する訳ではないので、ブルーリバーの簡単な説明をさせていただきます。

 

美瑛川上流にある白金温泉街の中に、美瑛川に架かる橋があります。

この橋がブルーリバー橋です。

観光客はここで深い谷を流れるブルーリバーを見たり、川をバックに写真を撮ったりしています。

 

なぜ青く見えるのか、正確なところは断言出来ないとの事ですが、写真に写っている『白ひげの滝』などからアルミニウムを含む水が美瑛川に流れ込むと、青い光を反射しやすい粒子が生成され、川の色が青く見えるのでは、と言われています(ざっくり説明)。

 

『白ひげの滝』は落差およそ30m

という事は、それを見下ろすこの橋の高さはどれほどなのかわかりませんが相当の高さがあります。

 

恐る恐る覗き込むと、 

不思議なブルーを宿した川の流れと、荒々しい黒い岩肌を流れる幾筋もの白い滝、滴る緑、原生林

 

青 黒 白 緑   たくさんの言葉に出来ない色

 

厳かな光景です。

 

橋の欄干からスマホを握った腕をそろそろと突き出すと、指の間からスマホが絶景の中に滑り落ちていく幻影が見えます。

 

そして撮れたのがこれらの写真です。

この何十倍も迫力がありますので脳内で補完していただけると有り難いです。

 

というか、もうYouTubeを貼る事にします。写真いらなかったかな…

 

 

最後にもう一枚だけ私の写真を

f:id:kapibara5168:20170806021329j:image

この写真の真ん中辺り、気持ち左に板塀か何かで囲われた場所がありますね。

露天風呂でしょうか?

 

ヒグマが出そうでちょっと怖いですが、素晴らしい眺めを拝めそうですね。

 

さて、次は『青い池』に移動します。

 

それにしても、青って色はどうしてこう、人種も何も関係なく人を惹きつけるんでしょうねぇ?